全身脱毛は肌が敏感な部位も施術に含まるので赤みや痒みなどのトラブルが起こることもあります。
赤みが出るのは脱毛効果を持つレーザーやフラッシュを当てると肌が軽く火傷するためで出力の高い医療レーザー脱毛に多いです。
赤みを予防するためには施術後に肌をクールダウンさせる必要があります。

肌トラブルを防ぐには

ほとんどの医療機関やエステサロンでは冷却効果のあるローションなどでアフターケアを行っています。
これだけでも肌トラブルのリスクは下げられますが、セルフケアでも日焼け止めを塗ったり長風呂を避けたりして熱を持つ行為を避けることが大切です。
痒みはレーザーやフラッシュの熱で肌が乾燥するため起こります。
これも施術後のアフターケアだけでなく自宅での保湿が必要で、お風呂に入る時に擦りすぎると炎症を起こしてブツブツができるので皮膚科で治療を受けることになります。
乾燥しているとターンオーバーが阻害されメラニン色素の排出が遅れるため、全身脱毛で薄いシミや色素沈着が増えた人は保湿が足りていない可能性が高いです。

施術日の予約のタイミング

シミが薄いうちに対処すれば跡にならないので、ターンオーバーを促進する成分を配合した化粧水やクリームで徹底的にケアします。
肌が敏感な人は生理の時と施術がかぶらないように予約を入れます。
衛生面の観点から生理だとデリケートゾーンの施術はできないのが一般的ですが、他の部位も少しの刺激でトラブルを起こしやすい状態になっています。
生理が始まる予定の1週間前後は予約を入れないことで、肌のコンディションが良い時にだけ施術を受けられます。
軽い火傷は誰でも起こりますが、跡が残るほどひどい場合は出力が適切でなかったり施術者が未熟だったりするのが原因です。
セルフケアやアフターケアでは防ぐことはできないので、カウンセリングの段階できちんとした技術と知識を持つ施術者がいて設備も整っていることを確認しなければなりません。
肌質を調べないなど不適切なカウンセリングであれば契約は避けるのが良いです。