ムダ毛処理は女性にとって必要不可欠と言えるほど大切なケアの一つです。

腕や脚はもちろん、ワキやデリケートゾーンといった部分まで処理する人も少なくありません。

その処理方法には自分で行う自己処理とプロに任せる脱毛サロンの利用がありますが、通う手間やコストを考えて自己処理している人は多いと思います。

しかし、自己処理で使用するのがカミソリや毛抜きといった場合注意が必要です。

特にワキ脱毛にカミソリや毛抜きを使うと、間違えて皮膚ごと引っ張ってしまったり切ってしまったりすることがあります。

傷付いたところから雑菌が入り込み、炎症を起こし酷くなると化膿してしまうこともあるのです。

カミソリのデメリット

またカミソリだとどうしても根元の部分が残ってしまい、見た目が黒いブツブツのある状態になります。

せっかく処理しても2〜3日くらいしか持たずすぐにまたムダ毛が伸びて来るので、頻繁に処理をすることになり肌に刺激を与える回数も多く良くありません。

毛抜きだと根元から抜くので良さそうに感じますが、強い力で無理矢理引き抜くため毛穴が傷付きその中で新たなムダ毛が生えて来てしまい正常な状態で毛が生えなくなることもあります。

正しい方法が結局一番!

正しい方法でワキ脱毛するためには、やはり脱毛サロンでプロの施術を受けることが望ましいのですが、それが難しい場合は自宅で出来る脱毛器具を購入するという手もあります。

少し金銭的な負担がありますが、脱毛サロンに通うよりは低コストでプロ並みの仕上がりになる器具もあるのです。

自宅で好きな時間に出来るので、都合を合わせる必要もなく大変便利なのでお勧めです。

手軽だからとついカミソリや毛抜きでムダ毛処理をしてしまいがちですが、見た目よりも肌への負担は大きく思わぬトラブルを引き起こしかねません。

やむを得ず自己処理する場合は、脱毛後にその場所をしっかり冷やし保湿クリームなどを塗るなどアフターケアを入念に行い、肌トラブルを起こさないよう細心の注意を払ってください。